治療法いろいろ

イメージがわきにくいインプラント治療ですが、実際はどんな治療なんでしょうか。 大掛かりである、保険適応していないため高額であるなど、断片的な話は聞いたことがあるかもしれません。 実際に行われる治療内容と、治療を受けられる条件などを整理してみました。

歯の治療、インプラント

早ければ5歳頃から生え変わる永久歯は、その後死ぬまで使う大切な歯です。
口の中の健康は、体の健康に直結していますから、歯を大切にすることは、生きる上での至上命題でもあります。
ちょっと大げさですが、人間は口からものを食べてその生命活動を維持していますから、あなどれません。
にもかかわらず、毎日の歯磨きや定期健診などは面倒でついついさぼってしまうこともありますよね。
お手入れが行き届かずに虫歯や歯槽膿漏などで、もうなくなってしまった歯。
入れ歯やブリッジは、よく使われる義歯だと思います。
これらは隣の歯で支えているため、健康な歯に負担がかかります。
そのため、支えに使っていた歯がトラブルになってしまう話はよく聞きます。
せっかくきれいに保っていた歯を失ってしまうのは、ちょっと悔しいですね。
その点、インプラントは別の歯を支えにする必要がありません。
顎の骨に義歯を固定する方法ですので、他の方法に比べてより自然な歯に近い形で義歯を入れることができます。
新しい治療法、と言われていますが、インプラントが実用化されてずいぶん経ちます。
様々な条件から、他の義歯に比べて利用者が少ないので、あまりよく知らない人も多いのではないでしょうか。
インプラントの基本的な情報や、治療を始めるために注意したい点を集めてみました。
義歯を検討している人は、インプラントを専門に扱う歯科医師もいますので、興味があれば一度相談してみてはいかがでしょうか。
自分に一番合った治療法を探す、参考になれば幸いです。

基本的な利点欠点

インプラントは、自分の体質と合致すればとても便利な治療になります。 治療自体はちょっと大変ですが、他の義歯より利点が多いイメージです。 ですが、やはり欠点もあるようです。 後悔しないためにも、どちらもしっかりと理解して、治療を始めるか検討しましょう。

無視できない

計画的にしたい、治療期間とかかる費用は、それによって生活そのものに影響が出てしまいます。 生活に支障がある部分ですから、深刻になることもあります。 インプラントについて、治療方法だけでなく準備が必要なことは、前もって調べておいたほうが安心できますね。

▲ TOPへ戻る