>

基本的な利点欠点

インプラントの大きな利点

本来の歯と同じ作りで、歯を失った部分に義歯を入れることが、一番の利点でしょうか。
ブリッジのように隣の歯に器具を取り付けたりしないので、前歯など目立つ部分でも違和感なく使う事ができます。
実際に物を噛むときも、入れ歯だと痛みがあったりすることがありますが、インプラントならそうした心配がありません。
また、義歯の素材は人工的なものですから、虫歯になることがありません。
また、入れ歯のように洗浄剤を使う必要もありません。
インプラント専用の歯磨き粉もありますが、普段の歯磨きを念入りにすることでも大丈夫ですから、普段通りのお手入れで良いのは助かりますね。
歯がないからといって、面倒なことが増えることなく、普通の生活が送れることは、かなり大きな利点ではないでしょうか。

利点だけでなく欠点は?

インプラントの最大の敵といわれるのが、歯周病です。
人工の歯が付いているので、細菌も隙間から入りやすく、お手入れをしっかりしておかないと、再手術して埋め込んだ人工歯根部分を取り除かなくてはいけなくなってしまいます。
そのため、専用の歯ブラシアイテムがあります。
普通の歯ブラシに比べて、特に隙間をきれいにしてくれるものが多く出ています。
また、治療に関しても、時間がかかること、手術という大がかりな治療であることも、デメリットと言えるかもしれません。
治療プロセスで新たな問題が出てきたり、思ったよりも安定するのに時間がかかったりと、予想外の事態も考えられます。
簡単にしっかりとした義歯が手に入ればいいのですが、なかなか難しいですね。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る